西日本焼きそばツーリング 二日目

4/14、木曜日。午前8時過ぎに宿を出発。
朝食は松坂牛の入ったコロッケ一つで済ませる。

丸中本店の上コロッケ105円也

丸中本店の上コロッケ105円也

和歌山街道=R166を西へ西へ。櫛田川水系を遡る。
以後、数日間を掛けて中央構造線沿いに西へ向かうのだが、それは予定通り。
高見トンネルを抜けて奈良県に入ると、伊勢街道へと名前が変わる。
ここからは吉野川水系の流域だ。
丁度、桜の季節なので吉野山へ寄り道。
桜は綺麗だったが交通規制と渋滞で辟易してしまった。

中千本が丁度見頃でした

中千本が丁度見頃でした

何となく春になりぬと聞く日より……

何となく春になりぬと聞く日より……

吉野山を降りてさらに西に進み、R24=大和街道へ合流。
和歌山に入り、吉野川は紀ノ川と呼称を改める。
さて、本日の一軒目は紀ノ川市、名手の国道沿いにある御食事処ふみ
予定より遅れて、丁度正午に到着した。
やはり長距離運ちゃんやツアラー御用達のお店。
トイレが御坊ちゃん式だったりするが、ボリュームは満点。
壁には「定食のごはん・味噌汁おかわり自由」との張り紙まである。

和歌山県紀ノ川市 御食事処ふみ

和歌山県紀ノ川市 御食事処ふみ

昔ながらの食堂ですなあ

昔ながらの食堂ですなあ

注文したのは人気の焼きそば。熱々の鉄板に乗せられたブツが登場。
キャベツがやたら多く、やや甘目のソースで濃いめに味付けされている。
食べ歩きなので定食にはしなかったが、なぜか御飯が欲しくなる味だ。

焼きそば700円 激熱っ!

焼きそば700円 激熱っ!

他のメニューはこんな感じ

他のメニューはこんな感じ

食べ終わって次の目的地へ向かう。
R424で海南へと向かい、海南ICから阪和自動車道~湯浅御坊道路へ乗る。
御坊ICで降りて、本日の二軒目、元祖せち焼き・やましたに13:50到着。
やましたは御坊市にあるお好み焼き屋さんなのだが、
「せち焼き」という一風変わった焼きそばの元祖のお店なのだ。

御坊市 元祖せち焼き・やました

御坊市 元祖せち焼き・やました

マスコミの取材も多数

マスコミの取材も多数

これがメニュー

これがメニュー

何故か裏面は英語

何故か裏面は英語

入店して早速イカせち650円を注文。
せちやきはセルフサービスではなく、必ずおばちゃんが鉄板で焼いてくれるらしい。
具と麺を炒めて味付けしてから、弱火にして卵を二つ加えて混ぜ混ぜ。
この状態で3分ほど置いてからひっくり返すと、見た目がお好み焼きのような状態になる。
あとはソース、マヨ、青のりをトッピングして出来上がり。

まずは具から焼きはじめ

まずは具から焼きはじめ

この状態でしばらく置く

この状態でしばらく置く

返してトッピングした姿はまるでお好み焼き

返してトッピングした姿はまるでお好み焼き

熱々・ふわふわでめちゃうまー

熱々・ふわふわでめちゃうまー

麺は太めで柔らかく、フワフワした状態の卵に包まれている。
確かに焼きそばなのだが、卵が前面に出てる料理で、オムそばともまったく違う。
他で食べたことのない味だ。イカも良いアクセントになってる。
他のお客さんが御飯と味噌汁も注文していたが、それも合いそうだ。
やはり関西は焼きそばやお好み焼きをオカズに御飯を食べる文化なのだなぁ。
食べ終わった後、和歌山市内のカプセルホテルを今夜の宿として予約。
煙樹ヶ浜や日ノ岬などにのんびり寄り道してから自動車専用道で和歌山へ向かう。

煙樹ヶ浜(えんじゅがはま) 砂で無く砂利浜でした

煙樹ヶ浜(えんじゅがはま) 砂で無く砂利浜でした

紀伊半島最西端 日ノ岬

紀伊半島最西端 日ノ岬

和歌山に到着したのが16:30。
まだ明るいので和歌山城へも寄り道してみた。
露店や花見客も居て、平日の割になかなか賑やかである。

紀州徳川家の居城、和歌山城の天守閣

紀州徳川家の居城、和歌山城の天守閣

富士宮焼きそば売ってたけど買わないよ

富士宮焼きそば売ってたけど買わないよ

17:00過ぎ、カプセルホテルにチェックイン。宿泊代は2600円也。
一人呑みに出かけたいのだが、さすがにまだ腹が減らない。
お腹が空くのを待ってる間にネットで飲み屋探し。
和歌山駅前に良さげな店を見つけた。
徒歩で和歌山駅まで移動。カプセルホテルから意外に距離があった。
20時少し前に多田屋に入店。
元々酒屋で、立ち飲みの角打ちからメニューが増え、座敷まである居酒屋になった店らしい。
瓶ビールとおでんをちびちびやりながら、店の姐さん方と常連とのやり取りを楽しむ。

お店の外観はブレブレの写真しか撮れなかった

お店の外観はブレブレの写真しか撮れなかった

大根と……ごぼ天だったかな? ビール美味し

大根と……ごぼ天だったかな? ビール美味し

U字型のカウンター。賑やかな姐さんたち。それを目当てに通う常連さん。
おまけに開店は朝の9時から。まるで池袋のふくろか赤羽のまるます家だ。
常連の下品なボケに厳しく突っ込みつつも、何のかんの体の心配をしてたりする姐さんたち。ツンデレか!

店内はこんな感じ

店内はこんな感じ

壁には所狭しとメニューが貼られてます

壁には所狭しとメニューが貼られてます

二杯目は地酒の豊富純米。それとおでんの豆腐と牛筋。
この豆腐がこの店の名物らしく、頼んでいるお客さんが多かった。
味がよく滲みていて、ボリュームもある。
さらにもう一杯、酎ハイを頼んで、最後の締めに焼きそばを注文した。

おでんの豆腐が美味しー

おでんの豆腐が美味しー

野菜たっぷりの焼きそばは580円也

野菜たっぷりの焼きそばは580円也

ぱっと見たところ、調理場も全て女性で賄っているようだ。
呑兵衛たちの野菜不足を心配した姐さん方の愛情だろうか、焼きそばは野菜たっぷり。
そういえばふくろにも焼きそばがあったなぁ、なんて思い出しつつお勘定。
「お愛想お願いします」
「はい、えーっとお兄さんは2400円」
「(安……)」
「おおきに。こっちに来ることがあったら、また寄ってやあ」
帰りは路線バスに揺られてホテルへ戻りましたとさ。

西日本焼きそば食べ歩きツーリング

というわけで、なぜか三重県は松阪市におります。
最近、富に高じている焼きそば熱に魘されて、半ば衝動的に旅立ってしまいました。
目的地は前々からリサーチ済みでしたので、半ば計画的でもあります。
そういえば震災当日も焼きそばを食べ歩いてましたね……
今朝、東京を出まして、本日は松阪の安宿に投宿。
この後は中央構造線伝いに紀伊半島、四国と横断し、九州へ至る予定です。
西日本と言っても、京阪神・中国地方は、とりあえず今回は外して考えておりますが、
九州を回り終えた後でそのまま行っちゃう手もあったりするかも知れません。
ま、先のことは正直不透明でございます。
また目的のお店のほとんどが都市部にあるため、敢えて今回はノーキャンプ、ノー林道。
焼きそばとそれに類する品々の食べ歩き以外はあまり欲張らずに、ざっくりと回ってこようかなと。
リアルタイムの状況はツイッターで呟いたりしてますので、よければそちらもチェックしてみてくださいませませ。

西日本焼きそばツーリング 一日目

何となく成り行きで突発的に出発した西日本焼きそばツーリング。
店は事前にピックアップしてあり、ルート計画もざっくり立てていたものの、
宿などはその日その日に決めるつもりである。帰りもいつにするか特に決めてない。
予定は未定というか未定が予定というか、独立したから決行できる結構なご身分である。
※日数が多いので比較的淡白な文章で進めます!
さて一日目。4/13、水曜日。
午前6時寸前に東名高速・東京ICを抜け、一路西へ。
三重県を目指して順調に……と思ったら、なんと三方が原PAで想定外のガス欠。
次の浜名湖SAまで持つと思ったのだが甘かった。
久々のツーリングで勘が色々と鈍ってるようだ。
3L・1万円の高いガソリンをJAFに入れてもらう羽目になってしまった。
ETCの早朝夜間割引を狙って早起きしたのに、とほほである。
豊田JCTから伊勢湾岸道路を経由して、東名阪自動車道・亀山ICを降りる。
今回のツーリング最初の店は、長距離トラックの運ちゃんやマスツーリングのライダーたちも御用達、三重県亀山市の亀八食堂
ホルモンの甘辛味噌だれ焼にうどんを投入した、味噌焼きうどんで人気の店である。
(焼きそばツーリングと称してるが焼きうどんなども食べる旅)

亀八食堂 旧国道沿い

亀八食堂 旧国道沿い

メニューはこんな感じ 好みで組み合わせて注文

メニューはこんな感じ 好みで組み合わせて注文

システムがややこしいのだが豚肉550円、ホルモンA550円、うどん玉100円、ライス小150円を注文。
愛想の欠片も無い店員さんが、無言で肉と野菜を鉄板にガサっと広げて、無言で立ち去る。

さて、どうしたものか

さて、どうしたものか

このままだと焦げるので自分で懸命に混ぜて炒める。予習しておいてよかった。
お冷もセルフサービスで、ワンカップの空き瓶に水でもお茶でも好きに汲める。
こんな感じで接客には難があるが、味とボリュームは素晴らしい。
肉と野菜に火が通ったところで、袋に入ったままのうどんの玉を投入する。

うどん玉を投入!

うどん玉を投入!

味噌焼うどん、うまー

味噌焼うどん、うまー

濃いめの味噌味が御飯によく合う。ランチタイムになると客が次々と入ってきた。
満腹状態でお店を退出。
その後、鈴鹿の関の東側に当たる、関宿の街並みを散策したりして暇つぶし。
楽天トラベルで、今夜の宿を予約したりする。

関宿の街並み

関宿の街並み

桜もきれいに咲いておりました

桜もきれいに咲いておりました

時間をつぶしてから宿にチェックイン。
この日の宿は松阪の一泊3000円のビジネス旅館。和室で夜までくつろいだ。

こんな感じのお部屋

こんな感じのお部屋

日も傾いたころに市街地中心部へ徒歩で向かう。
本日、二軒目の店は松阪にある不二屋、創業80年の老舗である。
中華そばとやきそば(「焼きそば」ではない)で有名なお店らしい。

松阪市・不二屋

松阪市・不二屋

本当は別の店で一杯呑んで、締めに食べようと考えていたのだが、閉店時間が19時なのでそれは諦めた。
せめてやきそばをつまみにビールを……とのもくろみも、メニューに酒が無くて断念。
仕方なくやきそば700円のみを注文。

やきそば 麺も餡も特徴的だ

やきそば 麺も餡も特徴的だ

揚げ麺にとろみのある餡が掛かった、いわゆる固焼きそばなのだが、麺も餡も特徴的だ。
麺は太めで、塊としての厚みがある。餡も粘度が高く、掛かっているというより乗っているという有様。
量も多い。お皿の直径は30cm以上ある。
パリパリと麺を割り箸でつつき、崩れたところを餡を絡めて団子状にまとめて食べてみる。
サクサク感だけでなく、餡の水分を吸って多少やわらかくなった部分もある。食感が楽しい。
閉店間際だったが、テーブルはほぼ埋まり、持ち帰りの客も多数来店していた。
噂通り、ここも地元に愛されている店のようだ。
宿に帰る途中、缶ビールを一本買って、この日のアルコールはおしまいとした。

松阪駅近くに見つけた怪しい横丁はまた今度……

松阪駅近くに見つけた怪しい横丁はまた今度……

「うちくる?」β版リリース

昨秋に会社を起業しましたが、社名は「アイゼン」と言います。自宅で一人で仕事をしておりますが、さぼりがちなためいまだホームページは完成しておりません(汗) 早く作らなきゃなぁと思ってるのですが、その前に次のようなサービスを立ち上げました。
被災した住宅困窮者と全国の住宅提供者との無料マッチングサービス「うちくる?」
http://uchiku.ru/
今回の大震災ではあまりにも数多くの人が住む場所を失いました。3/15午後5時に発表された避難者の数は四十四万人。その中には疎開するにもあてが無い人がどれだけいるか現時点では把握も困難です。
一方でそのような被災者に部屋を間貸ししたり空き家を提供してもよいという方も全国には少なからずおられることと思います。全くの赤の他人でリスクも大きいと思いますが、それでも受け入れようという(良い意味で)奇特な方々の思いを、具体的な形にできないかと考えて「うちくる?」を開発いたしました。
仮設住宅や避難先の斡旋などは本来政府や自治体の仕事であることは大前提です。しかしあれだけの数は民間の自主的な協力がないと、とても対応しきれるものではありません。早期復興のためにも一旦彼らを疎開させて、現地の負担をできるだけ減らすことが肝要ではないかと思いました。
大まかなアイデアを思い付いたのは日曜の昼でして、サイトはこの3日間突貫工事で作りました。被災地の利用者の利便性を考慮して携帯サイトとして構築しました。まだガイドラインやQ&Aなどのコンテンツは未完成ですが、「おうち」の登録や検索は一応動作検証済みです。よかったら周りの方にも紹介してみてください。客観的なアドバイスなどいただけると助かります。
中越の地震ではバイクでボランティアに二日間だけ参加しましたが、今回の震災では人間の無力さというものを突き付けられた気がします。それでも悲観的にならず、各自が自分にできることを淡々とやることが一番の復興への近道だと思います。
実は今年、暖かくなったら三陸方面へツーリングにいくつもりでおりましたが、さすがに難しそうです。しかしきっと2年後、3年後にはまた東北路を気持ちよく走ることができると信じて、やれることを淡々とやって行きますです。
仕事だけじゃなくブログもさぼりがちですけど……とりあえず「うちくる?」をよろしくお願いします!
被災した住宅困窮者と全国の住宅提供者との無料マッチングサービス「うちくる?」
http://uchiku.ru/

大震災

何か月ぶりかの記事投稿が大災害に関する内容になってしまい心苦しいものがあります。
最初の地震が来た日、平日でしたが私は栃木・群馬にまたがる両毛地域に、焼きそばの食べ歩きにでかけておりました。午前中から四軒ほど回ったあと、宇都宮方面へと三ケタ国道を走ってる最中にあの揺れが来ました。走行中にハンドルがぐらぐらきたので「やばい、パンクしたか?」と思って減速して地震と気付きました。周りの車も停車してやり過ごしてましたが、揺れ方が尋常じゃない。まず携帯を使ってTwitterで情報確認。「東北で震度7、都内も5強」と聞きすぐ東京に引き返すことを決めました。
まず、だめもとで東北道に乗りましたが佐野ICまでで通行止め。その手前のSAの食堂で、あの津波のTV中継を見ました。あれには言葉もありません。下道に降りてからも信号はほとんど停電しており、車は大渋滞。ただ下り方面よりも上りの方が空いており、なおかつほとんど空荷のバイクなのでいくらかましではありました。都心が近付くにつれ、街道沿いの歩道は徒歩で帰宅する人々で埋まっていきました。夕方にようやく自宅に帰りつくことができました。自宅は幸いにも被害はありませんでした。本棚が3つあるのですが一冊も落ちていませんでした。これは本棚の向きがたまたま揺れても落ちない方向だったのだと考えております。
現在、東京では、計画停電の影響で交通網が混乱したり、様々な物資が徐々に不足してきてます。ただ、わたし個人は普段から水と米さえあればどうにでも生きていけるタイプですので割と落ち着いております。アウトドアが趣味の人間は防災時にも使えるグッズを色々と持ってるので、通常の人よりは余裕があるかと思います。こういう時こそ、なるべく早く日常を取り戻すようにしたいものですね。それがひいては被災者のためになるのではないかと思います。
みんなで協力し合って、この難局を乗り切りましょう。

2010年・秋の林道オフ会、会場決定!

えー、2010年・秋の林道オフ会、幹事のSaltyDogです。
長らくお待たせしましたが、ようやく会場が決まりました!
千葉県南房総市富浦町多田良にある北浜キャンプ場です!
静岡方面をと考えて下見もしたのですが、諸事情と個人的な好みにより千葉県の海辺での開催となりました。
静岡方面で計画を立てておられた方がいらっしゃったら申し訳ありません。
ただ、まぁ、なかなか千葉県の林道を走る機会が無い方もおられるでしょうし、
山中ではない浜辺のキャンプもたまにはよろしいのではないでしょうか。
というわけで2010年・秋の林道オフ会の詳細です。
■日時
12/4(土)~12/5(日) 
※荒天が予想される場合は翌週の12/11・12に順延。
■会場
千葉県南房総市富浦町多田良 北浜海岸キャンプ場

大きな地図で見る
※GoogleMapsで示されている「北浜海岸キャンプ場」の地点は、実際の場所と少しずれてますのでご注意ください。
 砂浜へ降りられるスロープを探せばたどり着けます。
※夏季の開設期間は有料ですが、期間外は無料で利用できるキャンプ場です。車の乗り入れもOK。
※期間外なので炊事場などの水道は利用できません。ただしトイレの洗面所は飲用可能な水がでます。
 なお、トイレは和式の「おぼっちゃん」タイプです。
※焚火可です。浜辺に大きな流木などはありますが、焚き付けに丁度良さげの薪はありません。
 車での参加者の皆様、途中で入手してきていただけると助かります。
※普段のオフ会と同じく、ゴミは全て各自持ち帰りでお願いします。
※下見の際の写真は↓こちら。

キャンプ場全体図 右手の建物がトイレです

キャンプ場全体図 右手の建物がトイレです

砂地+草で、ペグもしっかり固定されました

砂浜ですが草が生えてるのでペグもしっかり固定されました

■備考
・林道については『林道浪漫』などでご確認ください。(←手抜き)
・最寄のスーパーはこちらの「おどや富浦店」です。規模はやや小さめでお酒の種類も少なめです。
青果・鮮魚などは道の駅の産直売場が充実してます。
道の駅の向かい側にはとみうらの里わくわく広場富浦店というスーパーもありました。
・最寄の入浴施設は公営の「とみうら元気倶楽部」です。ただし温泉ではなさそうです。受付時間は16:00までなので注意してください。
・東京・神奈川方面から来られる方でETCを搭載されている方は、現在アクアラインが特別割引価格で利用できます。
・金谷と久里浜を結ぶ東京湾フェリーもよかったらどうぞご利用ください。
その他、ご質問などありましたらこちらの記事にコメントしていただくか、
あるいは私のメールアドレス「info@s-dog.net」 までお知らせください。
(メール送信の際、@は半角に直してくださいませ)
そんな感じでよろしくお願いいたします。

2010年・秋の林道オフ会について

えー、2010年・秋の林道オフ会、幹事のSaltyDogです。
個人的にバタバタしてたり、健さんの入院もあったりして晩秋というか初冬になってしまいますけど、
12月第一週の土日・12/4・5に開催したいと思います。
(荒天が予想される場合は翌週の12/11・12に順延します)
会場は11月の早い段階に決定しますが、静岡の東部から中部のエリアを想定してます。
参加される予定の方は、こちらの記事にコメントしていただくか、
あるいは私のメールアドレス「info@s-dog.net」 までお知らせください。
(メール送信の際、@は半角に直してくださいませ)
師走でお忙しいかも知れませんが、林道好きの各位に於かれましては
日程の調整の方をよろしくおねがいいたします!

会社やめて会社はじめます

えー、今日で40歳になりました。
不惑と呼ばれる年ですが、まぁ本人にそんな実感は余りないです。
死出の旅への一里塚、って感じでしょうか。
さて。
実はこの9月末で10年勤めた会社を辞めました。
んで「自分で会社でも作ってみるべえ」と思って諸々準備し、今朝登記申請をしてきました。
申請書類に不備がなければ2週間弱で登記完了となります。
まぁ、完了したらまた諸々手続きが必要になりますし、本当に大変なのはこれからなんでしょうけどね。
まずは登記申請が済んでホッとしております。
とりあえず社員は私一人です。
WEBシステム開発やホームページ作成なんかを請け負おうと思いますが、将来的には何かしらの自前のサービスとかやりたいですね。
現在ホームページをやっつけで作成中ですが、それが完成したら社名なども含め、こちらでご案内しようと思います。
というわけで。
これで平日にもツーリングやら釣りやらに行ける(かもしれない)ぞー! わーい♪

BAR HONESTY@野方

BAR HONESTY」はひと月ほど前に自宅のすぐ近所で見つけたバーです。
今年の6月末に開店したとのことで、ほぼ毎日前を通っているはずなのですがそれまで気付きませんでした。
営業してる時間帯は大体酔っ払ってて注意力散漫になってるから見逃してたんだろうなぁ……。

BAR HONESTY@野方

BAR HONESTY@野方

店内はとても落ち着いた雰囲気本格的なショットバーで、野方近辺には珍しいタイプです。
全国のバーを渡り歩いたという渋いバーテンダーさんが一人で接客してくださいます。
(マスターは以前XRに乗ってたバイク乗りなので、その辺の話が通じる点も個人的にプラス評価ですw)
お酒のお値段も良心的で深夜3時まで営業してるというのも嬉しいですね。
最近は余所で呑んで帰宅する途中につい寄ってしまうことも多いです。

シンプルな店内 落ち着きます

シンプルな店内 落ち着きます

メニューはこんな感じ お手頃価格

メニューはこんな感じ お手頃価格

野方近辺だとどうしても焼きとん屋や居酒屋を中心に飲み歩いてしまいますけど、
のんびり静かにシングルモルトやマティーニなんかを嗜むのも良いものですね。
まだ開店して3ヶ月くらいでしょうけど、地元に根付いて末永く頑張っていただきたく願っております。

つるかめ食堂@新宿

新宿西口の思い出横丁につるかめ食堂というお店があります。
定食の定番メニューに混じって一風変わった品々がありまして、
最近、土日の昼にフラリと独りで軽く呑みに行ったりしておりました。

赤星&ソイのあたま(ソイヘッド)

赤星&ソイのあたま(ソイヘッド)

キンミヤサワー&「バカでアホでフラメンキン」

キンミヤサワー&「バカでアホでフラメンキン」

で、今日通りがかったところ、店は工事中でもぬけのから。
カウンターもキッチンも取っ払われて、作業着の兄さん方が廃材を運び出しておりました。
「ありゃ? まさか閉店!?」かと心配してしまいましたが、
岐阜屋で一杯やって帰宅してから調べたところ改装工事で2ヶ月ほど休業とのこと。
しばらく我慢しなきゃなりませんが、閉店では無いと聞いてまずは一安心。
長い歴史のあるお店なので、今後も末永く繁盛していただきたいものです。