川越へ行って来ました


ある友達とちょいと飲もうかと言う話になりまして、埼玉の川越まで行ってきました。
電車で一本なのですが、なかなか落ち着いて赴く機会のなかった場所でございます。
待ち合わせは夕方だったのですが、いい機会なので昼間から出掛けて堪能してきました。
まず伺ったのは蓮馨寺というお寺さん。
浄土宗で阿弥陀如来が本尊らしいのですが、七福神の福禄寿が前面に押し出されてました。
その他、おびんづるさま(賓頭盧(びんづる)尊者=釈迦十大弟子の一人)や呑龍上人と呼ばれる高僧などが祭られておりました。

川越のお寺 孤峰山蓮馨寺

川越のお寺 孤峰山蓮馨寺

テカテカ輝く、おびんづるさま

テカテカ輝く、おびんづるさま

さて、今回このお寺に行った動機はこの記事で紹介されてる焼そばです。
門前の道を横切った先にある「小江戸茶房MAKOTOYA」というお店が出してる露店がありまして、
そこで売られてる極太麺の焼そばってやつが食べてみたくて明るいうちから来てしまいました。
焼そばの大サイズ500円を注文し、テントの奥のテーブルに座って数分。
焼うどんと見紛うような太さの麺を2玉使った出来立ての焼そばがやってまいりました。
好みの分量の青海苔をふりかけ、途中で買ってきた発泡酒をあけていただきまーす!

蓮馨寺境内にて毎日11~15時に営業(雨天休業)

蓮馨寺境内にて毎日11~15時に営業(雨天休業)

川越独特の太麺焼そば (゚д゚)ウマー

川越独特の太麺焼そば (゚д゚)ウマー

味付けは極普通のソース味ですが、もちもちした食感の麺で満腹感がありますね。
このお店だけでなく川越エリアではこのような太い麺がちらほら使われきたらしいです。(参考
日本中あちこちで地域色の濃い焼そばを食べて来たつもりですが、こんな近くにもあったとは。
まさに灯台下暗し。あー、旨かった、ごちそうさまでした。
食べ終わった後は腹ごなし的な川越観光です。
小江戸と呼ばれる蔵造りの町並みを散策してみました。
天気も良かったせいか観光客が以外に多かったです。

蔵造りの町並み 明治期のものだそうです

蔵造りの町並み 明治期のものだそうです

川越のシンボル 時の鐘

川越のシンボル 時の鐘

その後、特にやることもなく、マンガ喫茶で時間を潰して待ち合わせ場所へ。
件の友達と本川越駅近くの居酒屋で終電までグビグビ飲みましたとさ。

「大」と書いて「ビッグ」と読みます

「大」と書いて「ビッグ」と読みます

酒はいいですなー 乾杯ー

酒はいいですなー 乾杯ー

前回の山梨編といい、なんだか各地を飲み歩くブログになりつつあるような気がしますね。
ま、それでも本人は一向に構わないのですが…えー、皆様、今後ともよろしくお願いします。



コメント

川越へ行って来ました — 4件のコメント

  1. ビッグの専務はいい味だしてますよね。そのはす向かいの武者虎もおいしいみたいですよ。

みずのとも にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*