雨の谷のカモシカ

興奮しているためか、ほとんど眠れずに迎えた朝。
ホテルの窓から眺めた佐久の町は、重苦しい雲に包まれていた。
午前6時。曇天。今日も天気予報は降水確率50%。
昨日と同じ降水確率だがやばそうな予感がした。
ホテルをチェックアウトして近所のコンビニでオニギリを頬張り覚悟を決めた。
とりあえず向かうのは群馬方面。行ってみて晴れていれば林道へ。
雨なら埼玉に抜けて帰途に着くつもりだった。
少し走って、群馬との県境にある山々をちらりと見たが、山頂は雨雲に覆われて見えない…。
山の手前からポツポツと降り出し、山道を少し登ったところで雨具を装着した。
その先ずっと霧雨、いや雨雲の中を走ることになろうとは…。
不幸中の幸いはゴアテックスの雨具とGPSの存在である。まさに文明の利器。

ずっとこんな感じ…

ずっとこんな感じ…

GPSのおかげで視界が悪くても迷わないのだ

GPSのおかげで視界が悪くても迷わないのだ

早朝の山奥。 ほとんど誰とも出会わないままいくつもの峠を越えた。
深い霧に覆われたトンネルや森林に、なんともいえない不気味さを感じる。
(さすがに林道はやばいな…)
僕のビビリミッターが作動した。群馬の林道中止っ! だって怖いんだもん。
舗装路でさえ「土石流注意」「この先崩落のため通行止め」なんて看板がちらほらあるのだ。無理はしないに限る。
南の空の方が、ここよりは雲が薄い。素直に埼玉・東京を目指すことにした。

雨川ダム 雨のダム湖って不気味

雨のダム湖も不気味です

沿道から声援を送る紫陽花たち

沿道から声援を送る紫陽花たち

えっちらおっちら国道を通り、秩父へ到着。
すでに雨は上がっていた。雨具を脱ぎ、街中のジョナサンで飯。
この時点でまだ午前10時半。このまま帰宅じゃ物足りない。
ドリンクバーの「からだ想い」を啜りながら、 ツーリングマップとにらめっこ…。
迷った挙句、名栗経由で奥多摩・日原林道へ行くことにした。
(林道といっても東京都内だし、奥多摩なら多少土地勘もあるから平気だろ)
また飽きもせず、うねうね峠道を上って下り奥多摩へ。
時々思い出したように雨が降るので、奥多摩駅前で雨具を再び着た。(この後、帰宅まで脱ぐことはなかった…)
国道から分岐した日原街道…とても都内とは思えない。
ガードレールはほとんど無く、大型車とすれ違うのも一杯一杯。
林道も推して知るべし。昨日の中津川林道とは比べようないほどの悪路だった。
道路のあちこちに大きな窪みがあり、水溜りを縫うように走らねばならない。
大人の頭ほどの落石もゴロゴロ転がっている。
楽しいことは楽しいが、気を抜くと思いっきり転倒してしまうだろう。
足元もリアキャリアの荷物も泥だらけだ。
ん?
行く先を一瞥すると、道路の下の断崖に子馬のような銅像が…と思ったらカモシカだっ!!
バイクを置いて崖を覗き込むと、向こうもこっちを見上げてた。

迷惑そうなニホンカモシカ (ピンボケ)

迷惑そうなニホンカモシカ (ピンボケ)

ニホンカモシカ:Japanese Serow。
そう。僕のバイク「セロー」はカモシカに由来するのだ。(ヒマラヤにすむカモシカだけどね)
初めての林道ツーリングで、愛車ゆかりの特別天然記念物に会えた事に感動。
親しげに手を振ると、向こうはそっぽを向き谷間を眺め考え事を始めた。
…むぅ。確かに都内じゃ人間などたいして珍しくもなかろう…。別れを惜しみつつ先を急ぐ。
午後1時。日原林道の終点に到着。ゆっくり休憩。
…と思ったが先客が。ランドクルーザーに乗った家族連れだ。
小雨の降る中、ご丁寧にもテーブルと椅子を出してランチの準備中らしい。
挨拶しても迷惑そうな沈黙しか帰ってこない…。やっぱ都内だわ、ここ。
早々に来た道を戻ることに。帰途、件の断崖を覗いたが、既にカモシカは消えていた。
さて、その後はふらふらと観光名所でもある日原鍾乳洞へ。時刻は午後2時半。
中で外国人に「水琴窟」について聞かれ、解説など。(日本語で)
ってか、 中の階段がきつすぎっ!! へとへと。まじで。
鍾乳洞から青梅街道まで、 バイクに寄りかかるように運転して来た。

日原鍾乳洞入口 (ピンボケ)

日原鍾乳洞入口 (ピンボケ)

帰路は日曜夕方の青梅街道名物・渋滞だった。
もう覚悟してたから愚痴も出ない。慣れてるし…。
午後7時前にようやく帰宅。無事で何より。
疲れたが、実に楽しめた二日間だった。
さて、次はどこに行こう。

はじめての林道

春に二輪免許をとりバイクを買って以来、ずっと行ってみたかった林道ツーリング。
奥多摩や三浦半島へ慣らし運転には行ったが、どこもアスファルトでしかない。
土の道を走りたい…と愛車セローが嘆いている気がしてた。
今週末こそ林道ツーリングに行こう…そして迎えた当日。
午前6時。曇天。天気予報は降水確率50%。
今日こそは、と覚悟を決めてたのに、雨じゃさすがに諦めるしかないか…。
布団の中でボーッと考えていたら、だんだん外が明るくなって来た。見ればいつの間にかピーカン晴れ。
( だめもとで行ってしまえっ!!)
行動しなかったことを後悔するより、行動したことを後悔する方がまし。
それが信条なので、迷わず行くことにした。ただし無理はしないように。
もって行くものは 雨具・ツーリングマップル・デジカメ・GPS。
キャンプ道具はなし。 土砂降りに会うが怖いので、一応日帰りの予定だ。
午前9時。出発。新青梅街道を一路西へ。
途中、はじめて使うGPSの評価も兼ねて、少々寄り道などしつつ、のんびりと走行。
東村山~飯能~秩父。シールド越しの風景から灰色が減り、徐々に緑色が増えていく。
天気も上々。来てよかった!

途中、道の駅・荒川村でSLと遭遇

途中、道の駅・荒川村でSLと遭遇

美しい渓流は見ているだけで安らぐ

美しい渓流は見ているだけで安らぐ

さて、その後も国道140号線をずんずん進み、午後1時。
道の駅・大滝温泉で休憩。ちょっと遅めの昼食である。
頼んだメニューは「ごもっともざるそば」。
おすすめの名物っぽいので、とりあえずその変な名前のメニューを注文した。
だが、その直後メニューの脇に解説を見つけてしまった。ふむふむ…。
地元の祭事で祭られる「ごもっとも様」と呼ばれる御神体が由来…か。
原始的な信仰にありがちな男根をかたどったものらしい。…嫌な予感…。

道の駅・大滝温泉名物 ごもっともざるそば

道の駅・大滝温泉名物 ごもっともざるそば

ごもっとも様 ズームアップ!!

ごもっとも様 ズームアップ!!

はちきれんばかりに反り返ってます

ざるそばなのにウインナー…山奥なのに海草…。ごもっとも…って納得するしかないのかっ!?
運んできたウエイトレスさんが心なしかちょっと恥ずかしげだった。
そば自体は素直に美味しいかったが、ウインナーをかじるときにちょっと抵抗を感じるのは自分が男だからか?
(ちなみにうちの近所には、もっともっとリアルなメニューを置いてある店があります…)
食後、温泉でひとっ風呂浴びて足裏マッサージ。まったりとした時間。ふふふふふ。
午後2時。休憩終了、出発!
右側は「落石注意」と書かれた断崖断崖。
左側は「路肩注意」と書かれた底知れぬ渓谷。
国道を走りつつ、GPSを頼りに林道への入り口を探す。
多少迷いつつも中津川沿道の入り口を発見。
美しい渓相に沿って、時々ダム工事のダンプと擦れ違いつつ、
午後3時過ぎ、ようやっと中津川林道へ到着。

フラットなダートがたっぷり17km

フラットなダートがたっぷり17km

セロー君も喜んでます

セロー君も喜んでます

梅雨時なので悪路を覚悟してたのだが、ひどい水溜りはなさそうだ。
路面はしっとり、走りはマッタリ。そんな感じ。
天気予報の影響か、他の二輪は2・3台だけしか見かけなかった。
ちらほら渓流釣りしてる人々を見かけ、次回から釣り道具を持ち歩くことを決意。
やがて道は上り坂へ。埼玉と長野の県境・三国峠へ向かう勾配は結構きつかったが、
中低速トルクに定評のあるセローが、なんなくクリアしてくれた。

三国峠付近からの眺望

三国峠付近からの眺望

君、すごいのねっ!

君、すごいのねっ!

さて、三国峠から先の長野側は舗装路だ。
20代の頃訪れたことのある小海近辺が懐かしいのでそちらへ向かう。
千曲川流域。 高原の風が気持ちいい…。
結局その日は佐久のホテルに泊まることにした。
明日も晴れる予感がしたので、早朝から林道を目指そうと目論んだのだが…。